スマートロック賃貸

既存のマンションなどの賃貸物件にスマートロックを導入して、これから訪れるIoT時代に対応しました。後付けタイプですが優れもの、遠隔操作も可能なスマートロックです。

平成28年9月の賃貸住宅管理業者登録制度の改正により、賃貸不動産経営管理士に重要な役割が付与されました。

改正された賃貸住宅管理業者登録制度では、適正な管理業務の促進のため、一定の業務を賃貸不動産経営管理士等(※)に担わせるようルール化されました。これにより、賃貸不動産経営管理士の活躍フィールドは益々広がり、 今後の賃貸住宅業界の適正化を担う専門家として、国からも期待されています。 ※賃貸不動産経営管理士等とは賃貸不動産経営管理士及び一定の実務経験者を指します。 賃貸不動産経営管理士の役割 賃貸住宅管理に関する重要事項説明および重要事項説明書の記名・押印 登録事業者が貸主との管理受託契約を締結するときは、賃貸不動産経営管理士等は重要事項を記載した書面を交付して説明し、 重要事項説明書の記名・押印を行います。 賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印 貸主との管理受託契約が成立したときは、賃貸不動産経営管理士等は契約書を作成し、 記名・押印を行います。 事務所における資格者の設置義務 登録事業者の事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士等を設置します。 リーフレット https://www.chintaikanrishi.jp/assets/common/else/leaflet_amendment.pdf 賃貸経営のご相談はお気軽に 賃貸経営管理士在籍店 株式会社城南エステート 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST22階 TEL 03-5724-3062

サブリース契約の罠 不動産投資で失敗しない方法 国が動き出した悪徳不動産管理業者の管理

2019年夏、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を巡る家賃不払い問題で一気にサブリース契約の印象が悪くなりました。 投資家に対して「フラット35の住宅ローン負担を購入物件のサブリース賃料で返済できるリスクのない不動産投資」と説明し、加入していた悪徳不動産会社もその一つです。 国土交通省はサブリース業者を規制するための法令の創設に着手しました。具体的には「賃貸住宅管理業の登録制度を設け、登録事業者の業務についてルールを定めることで、その業務の適正な運営を確保し、賃借人および賃貸人の利益の保護を図る」もので、登録事業者は将来の賃料変動について適切な事前説明や書面交付を求め、将来契約賃料が減額されてもトラブルにならないような周到な予防策を講じます。 ここで改めてサブリース契約の仕組みを確認しましょう。 サブリース契約の最大の魅力は30年や35年などの一括借り上げです。 物件所有者(貸主)とサブリース業者(借主)で直接契約する為、契約上は空室が発生しません。 オーナーは手間いらずで賃貸経営が出来ることになります。 しかし、金融庁、消費者庁、国土交通省が連名で注意喚起するほど、各所でトラブルが多発しています。 ★サブリース契約の概要 ・所有者とサブリース契約を締結することにより、サブリース業者が貸主として賃貸経営を行う ・サブリース契約手数料は設定賃料の15~20%程度 ・礼金収入・更新収入はサブリース業者に入る ・内装工事や設備更新費用は所有者負担 ・空室時2ヶ月分サブリース賃料の免除規定有 ・サブリース賃料の見直しは2年毎に見直し減額されることが多い。 サブリース契約を締結する貸

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​株式会社城南エステート  mail:info@jonanestate.com  TEL03-5724-3062
​日本〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティWEST22階
  • Facebook - White Circle

Copyright© 2016  Jonan Estate Co., Ltd All Rights Reserved.